サクラスマイルは介護リフォームが得意な不動産会社です。

サクラスマイル|守口・門真で不動産をお探しならサクラスマイルへ

段差解消工事

段差解消工事

段差解消と一口に言っても住宅の段差には様々な段差が存在し、その用途や使い方、また利用者様の身体機能によっても段差の解消方法が違ってきます。

 

特に日本では、その生活様式や気候風土により、玄関ポーチ、上がり框をはじめ、階段、浴室、廊下と和室(居室)との段差等々どうしても段差が多い構造となっています。

 

そのため、階段の勾配を緩やかにして手すりを設置することにより昇降時の安全を確保することで危険を回避する。

 

通路上の段差をなくし、十分な通路幅を確保して移動を容易にする等々は基本的な考え方ですが、実際にはまだまだ整っていないのが実情ではないでしょうか。

 

こちらにあげた施工事例はほんの一例ですが、現在の住み慣れたお住まいで安全に暮らしていただくための参考になれば幸いです。

2019/3/29

スロープによる段差解消工事

介護保険でできる段差解消(スロープ)施工事例 サクラ 日本の住宅では、リビングや廊下、寝室、居室(和室)など部屋と部屋の間や浴室やトイレなどの水を扱う部分では段差が多い造りとなっています。 そこで転倒防止のため、床の段差を解消する工事において介護保険を適用することができます。 例えば、屋外の玄関先に石段がある場合、段差を解消するために滑らかなスロープを作って外出を容易にする等、介護保険を利用することが可能です。是非、参考にしてくださいね。 縞鋼板による段差解消 【Before】 玄関前に8㎝の段差があり、 ...

2019/3/30

便器の取替工事

介護保険でできる便器の取替施工事例 和便器→洋便器 【Before】 簡易ポータブルトイレを設置していましたが、便器とのサイズが合わず不安定でした。 【After】 トイレ前方に前室があり、トイレの扉を外すことによりトイレ内を拡張することができた一例です。 掃除がしやすいように、床材をタイルから CFシートに変更することで入口の段差も解消することができました。 洋式便器を設置して、最後に手すりの位置を調整し、体位は安定しているか、立ち座りは楽にできるかどうかを確認して完了!   和便器→洋便器+ ...

2019/3/29

踏み台による段差解消工事

介護保険でできる段差解消(踏み台)施工事例 サクラ 踏み台設置時の注意事項として、通常、段差の半分の踏み台を設置することを基本としています。これは最初の1段目の段差を人間が身体で覚えてしまうためで、例えば22㎝ある上がり框の段差に10㎝の踏み台を設置した場合、最初の段差である10㎝で身体が覚えてしまい、次の段差の2㎝分でつまずいて怪我をしてしまいます。 段差のちょうど半分の高さである11センチの踏み台を設置することが安全に昇降できる高さになります。参考にしてくださいね。 玄関上がり框−1 【Before】 ...

Copyright© サクラスマイル|守口・門真で不動産をお探しならサクラスマイルへ , 2019 All Rights Reserved.